新潟大学 医歯学系・システム生化学分野 | 大学院医歯学総合研究科・オミクス生物学分野

新潟大学 医歯学系 システム生化学分野 / 大学院医歯学総合研究科 オミクス生物学分野

Department of Omics and Systems Biology Niigata University

研究業績

2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 1993-2009

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

1993-2009

  • 松本 雅記 :
    急速に進化するターゲットプロテオミクスの原理と応用
    バイオサイエンスとインダストリー 78(2), 92-97, 2020.
  • 松本 雅記 :
    質量分析による未開拓プロテオームの探索
    実験医学 37(18), 3063-3069, 2019.
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    精密定量プロテオミクスに基づく生命科学研究
    ライフサイエンス領域融合レビュー、2017 (DOI:10.7875/leading.author.6.e002)
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    ラボドロイドの活用:プロテオミクス実験(Application of LabDroid: Proteomics)
    実験医学別冊「あなたのラボにAI(人工知能)×ロボットがやってくる」 (羊土社) 96-99, 2017
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    次世代プロテオミクスによるがんの代謝解析
    実験医学増刊「がん代謝 ワールブルグを超えて全容解明に挑む」 (羊土社) Vol.35 No.10、2017年06月
  • 松本 雅記 :
    ターゲットプロテオミクスの最新動向と試料調製の重要性
    Proteome Letters 1(1), 101–106, 2016(査読あり)
  • 小林 大樹、荒木 令江 :
    プロテオミクスデータの細胞生物学的な検証法
    Proteome Letters 1(1), 37-43, 2016(査読あり)
  • 小林 大樹、荒木 令江 :
    プロテオーム解析を基盤とした融合的オミクス解析による脳神経系腫瘍の解析
    医学のあゆみ 251(10), 939–947, 2014
  • 荒木 令江、南部 (新堀) 晶子、西村 宗徳、緑川 宇一、小林 大樹 :
    全自動二次元電気泳動装置の開発と融合プロテオミクスへの応用
    生物物理化学 58, 39–42, 2014
  • 中津海 洋一、松本 雅記、中山 敬一 :
    次世代プロテオミクスが拓く生命科学研究の新地平:ウエスタンブロッティングはもう要らない?!
    生化学 (日本生化学会) 84(1),53-57,2012
  • 中津海 洋一、松本 雅記、中山 敬一 :
    mTORターゲットのリン酸化プロテオミクス
    細胞工学(秀潤社) 31(12), 1360-1367, 2011
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    プロテオミクスが拓く細胞周期研究
    細胞周期フロンティア(共立出版) 23-28, 2010
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    in vitro安定同位体標識法によるリン酸化の定量解析
    実験医学別冊「創薬・タンパク質研究のためのプロテオミクス解析」 (羊土社) 31-37, 2010
  • 中山 敬一、松本 雅記 :
    間違いだらけのマス選び:質量分析計購入ガイド
    細胞工学別冊 「明日を拓く新次元プロテオミクスミクス」 (秀潤社) 11-24,2009
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    次世代定量プロテオミクス
    細胞工学別冊「明日を拓く新次元プロテオミクスミクス」(秀潤社) 33-38,2009
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    定量的リン酸化プロテオーム解析によるキナーゼ基質探索
    実験医学(羊土社) 27(16), 2563-2569, 2009
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    プロテオミクスが拓く細胞周期研究
    細胞工学 (秀潤社) 28(1), 59-64, 2009
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    抗体アフィニティーカラムを用いた翻訳後修飾タンパク質の網羅的解析
    バイオテクノロジージャーナル3/4月号(羊土社) 163-167, 2006
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    翻訳後修飾の網羅的解析:チロシンリン酸化プロテオーム解析によるシグナル伝達研究
    細胞工学(秀潤社) 25(6), 602-607, 2006
  • 松本 雅記 :
    ポリグルタミン病とユビキチン介在性蛋白質分解―異常蛋白質の除去機構
    蛋白質核酸酵素(共立出版) 151(10), 1428-1432, 2006
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    翻訳後修飾プロテオミクス-リバースジェネティクスとの融合
    遺伝子医学MOCK2「疾患プロテオミクスの最前線」 298-307, 2005
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    ユビキチン化修飾解析法
    実験医学別冊「プロテオーム解析マニュアル」(羊土社) 158-166, 2004
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    in vivo ラベル法
    実験医学別冊「プロテオーム解析マニュアル」(羊土社) 125-132、2004
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    Close Up実験法:安定同位体代謝ラベル法によるディファレンシャル・プロテオミクス
    実験医学(羊土社) 21(16), 2239-2244, 2003
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    発生工学プロテオミクス
    実験医学別冊「注目のプロテオミクスの全貌を知る」(羊土社) 165-173、2002
  • 松本 雅記、中山 敬一 :
    ポリグルタミン病とユビキチン・プロテアソーム系によるタンパク質分解
    神経研究の進歩(医学書院) 46(5), 681-695, 2002
  • 松本 雅記、北川 雅敏 :
    ユビキチン-プロテアソームシステムによるシグナル分子の量的制御機構
    わかる実験医学シリーズ シグナル伝達がわかる(羊土社) 110-117, 2001